通信制御、画像処理、半導体関連をはじめとする制御系全般の開発を手がける日本コントロールシステム株式会社
NCS 日本語 / English
日本コントロールシステム株式会社
サイト内検索
HOME 自社製品 インテグレーション システム開発 会社情報 お問い合わせ サイトマップ

 
ニュースリリース
 
2011年6月23日

MunEDAのWiCkeD™を東芝がカスタムIC設計フローに選択

独MunEDA社のWiCkeD™ツールスイートを、回路解析、パフォーマンスおよび歩留り最適化の向上のために、東芝が選択。

 

2011年6月23日発表

ミュンヘンに本社を置き、先進のアナログ設計ツールを提供するMunEDA は、株式会社東芝がカスタムIC設計フローに同社のWiCkeDツールスイートを選択したと発表しました。WiCkeDは、感度解析を元にした高速な最適化アルゴリズムを採用しており、複数のパフォーマンス間のトレードオフ問題を効率的に解決します。また、ワーストケースディスタンスを元にした高速な歩留まり最適化が特徴です。これらにより、回路設計におけるサイジング時間短縮と品質向上が可能となります。その結果、評価用テスト試作回数の削減および最終製品の歩留まり向上が期待出来ます。

浦川幸宏氏(株式会社東芝セミコンダクタ社ロジックLSI事業部ロジックLSI 製品設計部部長)
「我々は、徹底的な評価の結果、アナログミックスドシグナル製品の生産性向上のために、WiCkeDツールスイートを選択しました。様々なプロジェクトに関してWiCkeDを使うことにより、サイジングプロセスのスピードアップを達成し、回路最適化の時間と工数を減らすことが出来ました。これにより、40nm以下の良質な製品を期限内に提供出来るようになりました。」

Andreas Ripp (MunEDA GmbH Sales & Marketing Vice President)
「我々は、世界最大規模の半導体会社である東芝が、MunEDAのWiCkeDツールスイートの導入を決めたことを非常に誇りに思っています。両社の協業の下で、東芝のプロジェクト、および製品に使われる先端製造プロセスの厳しい課題に応えられるように、更に我々の技術を向上させていきます。」

 
■MunEDA について

MunEDAは2001年に設立され、EDA技術をリードするソフトウェアツールセットであるWiCkeD™を提供しています。WiCkeDはアナログ/ミックストシグナル/デジタル設計の歩留り等の分析やモデリング、最適化、検証を行います。MunEDA製品およびソリューションは、カスタマーの回路の設計時間を短縮し、品質と歩留まりを最大化することができます。MunEDAソリューションは、主要な半導体企業の通信・コンピュータ・メモリ・自動車・家電製品の分野で世界的に産業利用されています。MunEDAはドイツ、アメリカ、韓国、日本、台湾、イギリス&アイルランド、シンガポール、マレーシア、北欧などにオフィスおよびパートナーオフィスを構え、世界中に顧客基盤を持ちます。詳細については、www.muneda.com をご覧ください。

日本でのMunEDA販売&サポートは以下の日本代理店にて行っています。
 日本コントロールシステム株式会社(http://www.nippon-control-system.co.jp/products/muneda/
 アイピーエヌ株式会社(http://www.ipncorp.com/muneda/mun_eda.html

 

お問い合わせ先

 日本コントロールシステム株式会社 新横浜事業所
 TEL 045-477-5800

記載されている情報は発表日時点のものです。
最新の情報とは内容が異なっている可能性もありますので、あらかじめご了承下さい。

著作権と商標プライバシーポリシー情報セキュリティ基本方針
Copyright (C) 1997 NIPPON CONTROL SYSTEM Corporation. All rights reserved.