通信制御、画像処理、半導体関連をはじめとする制御系全般の開発を手がける日本コントロールシステム株式会社
NCS 日本語 / English
日本コントロールシステム株式会社
サイト内検索
HOME 自社製品 インテグレーション システム開発 会社情報 お問い合わせ サイトマップ

 
 自社製品 > FPGAボード 
6Gsps AD変換信号処理モジュール
 

製品の特徴 お問い合わせ カタログ(PDF)

サンプリングレート6GHzの高速信号処理を実現

広帯域アナログ信号サンプリング

サンプリング周波数:6Gsps
分解能:8bit
チャネル数:2Ch

FPGA2個搭載

Virtex5:信号処理用
Virtex4:データ出力用

高速シリアル出力

3Gbps(Max):4出力、4入力(信号処理部)
6Gbps(Max):4出力(データ出力部)

写真:6Gsps AD変換信号処理モジュール
製品の特徴
1 高速サンプリング

入力1チャンネルにつき、National Semiconductor社のADC83000を2個使用し6GHzサンプリング/秒を実現。3.0GHzまでの入力周波数帯域をサポートします。

 
2 リアルタイム信号処理
FPGAのDSP回路を並列化して実装したことでリアルタイムでの信号処理を実現しました。
3 高速データ出力

FPGAの高速シリアルデータ入出力ブロックを利用し、6Gbps(1チャンネル)シリアル出力が可能です。

 
4 カスタマイズ対応

本ボードを使用した信号処理回路からシステム・装置の開発も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

機能ブロック図
6Gsps AD変換信号処理モジュール機能ブロック図
◎本ボードは、独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)殿のご協力を得て開発いたしました。

製品の特徴 お問い合わせ カタログ(PDF)


著作権と商標プライバシーポリシー情報セキュリティ基本方針
Copyright (C) 1997 NIPPON CONTROL SYSTEM Corporation. All rights reserved.